アキバに家庭用ゲーム機テーマのバー-旧作~新作50台を用意

画像=同店外観

画像=同店外観

  •  
  •  

 秋葉原駅近くに6月10日、家庭用ゲーム機をテーマにしたゲームバー「GAME BAR A-Button」(台東区台東1、TEL 03-5856-5475)がオープンした。

 同店は秋葉原で初となる家庭用ゲームをコンセプトにしたゲームバー。メーンターゲットは30代男性で、8坪13席の店内に「テレビゲーム15」や「PCエンジン」などのレトロゲーム機器から、「プレイステーション3」や「Wii」など最新機器まで常時50台以上取りそろえているのが特徴。テレビは大小合わせて4台設置。ゲームソフトは少数用意しているが、使用中のケースがあるため持ち込んだ方が良いという。

[広告]

 ゲーム機やソフトの利用は無料。そのほか、所有するゲーム機・ソフトなどの持ち込みもできる。ドリンクメニューは、ソフトドリンク=420円、アルコール=450円~で、フードメニューは手作りコンビーフ(600円)や自家製ピクルス(400円)などを提供する。チャージは500円。

 同店店長は「秋葉原にはゲーマー層がゆったりとくつろげる場所が無いので、開店を決めた。今後は気軽に遊べる場所を目指し、店内の設備を利用したオフ会や、そのほか貸し切りなどの相談も積極的に受け付けたい」と話している。

 営業時間は、平日・日曜=17時~24時、金曜・土曜などの休祝前日=17時~翌5時。

札幌の日本一有名な零細店「1983」、秋葉原で初出稼ぎイベント(アキバ経済新聞)アキバのレトロゲーム店が裏サイトを開設-「裏スーパーポテト」(アキバ経済新聞)秋葉原・昭和通り口に「ジャンク」をコンセプトにしたバー(アキバ経済新聞)大須に「ガンダム」テーマのバー、なつかしのグッズやユニークメニューも(サカエ経済新聞)GAME BAR A-Button

  • はてなブックマークに追加