天気予報

16

16

みん経トピックス

特集

エリア特集2012-04-19

今話題のLTE、どれだけ速いの? -秋葉原でスピードテスト!(前編)

  • 0

ドコモのXi(クロッシィ)や、イーモバイルなどがLTEサービスを開始。今までの3Gサービスとは比べ物にならないほどの通信速度を体感できると話題になっている。実際どれくらいちがうのか?LTEサービスを提供しているプロバイダー「hi-ho」(ハイホー)からLTEのSIMカードレンタルサービス「hi-ho LTE typeD」と対応端末「NI-760S」をお借りして秋葉原でスピードテストを実施した。

■LTEサービスとは?

LTEとは「Long Term Evolution」の略で、3Gを高速化した次世代の携帯通信規格。いち早くサービスを開始したドコモのXiに続き、AKB48・板野友美さんのCM「めっちゃいいモバイル」でおなじみのイー・モバイルもLTEサービスを展開(年内中にau、ソフトバンクモバイルも対応予定)。LTEに対応したモバイル回線・端末を利用すれば、3Gより高速にインターネットにアクセスできるのが特徴。とくに動画の再生や重いデータをダウンロードする時などに威力を発揮する。「DropBox」や「Evernote」などのクラウドサービスも通信の遅延が減少するため3Gより快適に利用できる。

■今回試した「hi-ho LTE typeD」って?

今回お借りした「hi-ho LTE typeD」はドコモのXi、FOMA網を利用したLTEのSIMレンタルサービス。Xiの対応エリア外であったとしても、FOMA網で接続できる。つまり、ドコモの携帯電話で通話可能な場所は、「hi-ho LTE typeD」も利用できるということだ(現在、東京23区はほぼ全域が対応エリア。Xi対応エリアは順次拡大中)。里帰りの際、SIMフリーのデータ通信用のタブレットで「hi-ho LTE typeD」を使い、通話が必要な場合は既存の携帯電話を使う…などのような利用シーンもOKだ。

■iPhoneでLTEモバイルルータに接続

hi-ho LTE typeDでは、接続してみよう。今回は同社で販売中のLTE対応モバイルルータ「LTE Mobile Router NI-760S」もお借りした。同ルーターのスペックはスマートフォンやノートパソコン、タブレットなどの無線LAN対応機器が最大10台まで接続可。重さは約108gで、連続通信時間はLTE=約5時間、3G=約6.5時間。今回のテストでは、iPhoneを使って秋葉原でLTEの実力を試す。

hi-ho LTE typeDまずは、同ルーターの裏ぶたを開けバッテリーを取り出してSIMカードを挿入し、電源を入れる。ちなみにこのルータは標準のSIMカード、マイクロSIMカード、どちらのタイプも利用できる。

iPhone次にiPhone側の「設定」を起動して「Wi-Fi」を選択

iphoneルータの液晶画面表示されている番号と同じ「NI-760S_XXXX」を選択。パスワードを求められるので、これまたルータの液晶画面表示されている「Wi-Fi Passphrase」の8桁の番号を入力するとモバイルルータが認識される。電池パックの裏側に番号が表記されているタイプが多いため、液晶で確認できるのは便利。

以上で無線LANの設定は終了。これでLTEを使う準備は整ったことになる。このように、モバイルルータを利用すれば、簡単に設定が可能だ。

■LTEの実力は? いざ、秋葉原の街中へ

設定を終えたところで、早速iPhoneと「LTE Mobile Router NI-760S」を携えて秋葉原でスピードテストを実施した。使ったのは以下のアプリとウェブサービス。

iPhoneアプリ=Xtreme Labs Inc. 「Speedtest 」
ウェブサービス=BNRスピードテスト(画像読み込み版)
http://www.musen-lan.com/speed/speed-img.html

★秋葉原中央改札口★
hi-ho LTE typeD

テスト時間帯=平日9時頃
LTEアンテナ=3

LTELTE
★ヨドバシAKIBA入り口★
LTE

テスト時間帯=平日9時頃
LTEアンテナ=5

LTELTE
★秋葉原駅西側交通広場周辺★
LTE

テスト時間帯=平日9時頃
LTEアンテナ=5

LTELTE
★秋葉原UDX(2階アキバ・イチ)★
LTE

テスト時間帯=平日9時30分頃
LTEアンテナ=3

LTELTE
★ルノアール秋葉原店(店内)★
LTE

テスト時間帯=平日10時頃
LTEアンテナ=1

LTELTE
秋葉原駅西側交通広場でアキバ経済新聞を表示しようとした場合の具体的な秒数は以下の画像参照。3G=6.71秒/LTE=2.98秒とLTEのほうが2倍以上のスピードが出る結果となった。
秒数クティオ
LTD

上記テストの結果、全箇所でLTEで接続ができることがわかった。なお、左は3G回線でアクセスした際のテスト結果(秋葉原駅西側交通広場)になるが、LTEより明らかに低い数字に。ウェブブラウジングのスピードも体感で違いが感じられるほどだ。

雑感としてはズボンのポケットに入れて丸一日使ってみたが、発熱もそれほど感じなかった。軽くて小さいこともあり、入れっぱなしにしていても気にならない。電池は出勤して帰宅するまでぎりぎりもった。フルにLTEを使うユーザーは予備電源が必要になりそうだ。

いずれにせよ、ドコモのXi/FOMAエリアを利用しているため秋葉原はLTEのパワーを存分に体感できる好環境であるといえよう。ちなみに接続エリアは同じでも、バックボーンがどこかによって速度にちがいがでることもある。他の会社と比較した場合の具体的な速度はベストエフォート型サービスのため伏せるが、「hi-ho LTE typeD」シリーズのネットワークはIIJだという。LTEの利用を検討しているユーザーは同社サービスも選択肢に入れてみてもよいかもしれない。

1 2 次のページへ

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR東日本は5月、JR秋葉原駅隣接地で「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」の建設に着手する。場所は、昨年5月から解体が進められていたJR東日本秋葉原ビル跡。画像は同ホテル外観イメージ
[拡大写真]

アクセスランキング