裸眼で3D立体映像の視認が可能に-業務用ディスプレー発売へ

画像=イメージ

画像=イメージ

  •  
  •  

 VMJ(千代田区外神田2)は6月下旬、裸眼で立体映像を視認できる「業務用3D立体映像ディスプレイ・システム」の販売を開始する。

 同商品は裸眼の状態で画面から最大約83センチポップアップする立体映像を表現できるのが特徴。3D立体映像ディスプレーに関して、国内大手各社が開発を進めているが、現在実用化するには十分な映像品質が得られていない。同社はドイツ「ビジュモーション社」の技術を応用し、世界最大級の65インチディスプレーで120度の視野角を持つシステムの商品化に成功した。また、複数のディスプレイーをネットワーク化し、さまざまな広告映像の連続配信も可能に。デジタルサイネージ分野での活用を視野に入れているが、2.5インチから65インチまでのラインアップ化を進めており、今後ゲーム、パチンコ・パチスロ、携帯電話などでの利用も目指す。

[広告]

 今回のディスプレーシステムについて広報担当者は「裸眼で立体が表現できるディスプレーの登場は広告分野やエンターテインメント分野にとって大きな可能性となった。現在は業務用だが、実際に一般ユーザーが目にする日も近いのでは」と話している。

 本体サイズは、幅1,572ミリ×奥行き126ミリ×高さ923ミリ、重量=約65キロ(スタンド除く)。画面サイズは横1,428ミリ×縦804ミリ、最高解像度は1,920×1,080のフルハイビジョンクラス。消費電力は約550W。価格は本体と再生用ソフト合わせて300万円前後を予定。

ペン型ビデオカメラ発売-音声付き動画の録画が可能(アキバ経済新聞)飲食店の「紙ナプキン」を広告媒体化-新手でクリーニング店を訴求(天神経済新聞)JR京都駅に笑顔写真のモザイクアート広告-広告主が「笑顔」募集(烏丸経済新聞)VMJ

  • はてなブックマークに追加