近ツー、外国人観光客向けにポッドキャスト観光情報コンテンツ

  •  
  •  

 近畿日本ツーリスト(千代田区神田松永町)は来年1月、「ポッドキャスト」を活用した訪日外国人観光客向けの観光情報コンテンツの配信サービスを開始する。

 同サービスは「ポッドキャスト」を活用した「観光地のガイド番組」や「旅館や食事場所」、マップなどをセットにした観光情報コンテンツ配信サービス。訪日外国人観光客向けに多言語化した観光情報コンテンツを制作・配信するほか、各自治体や観光協会、企業が保有している情報コンテンツの配信を行う。

[広告]

 情報発信側は保有している情報をポッドキャストに変換することで、観光客へ分かりやすく知らせることができるほか、「まちあるきモデルルート」など動画・音声番組に沿った地図をPDFでダウンロードすることができるため、個人旅行者でも通訳ガイドを同行することなく「まち歩き」を楽しめるナビゲーション番組をつくることが可能になる。ガイド不足や個人旅行化への対応にも有効だという。

 コンテンツの制作は同社がカナダに拠点を置く、Japan Media Inc.と代理店契約を締結。海外で翻訳・制作を行うことで、日本国内より低価格で多言語化・番組制作ができる。対応言語は、英語、中国語(京語・広東語)、韓国語ほか。

 同サービスについて、同社担当者は「ビジットジャパンキャンペーン効果により訪日外国人観光客が増加している昨今。同サービスの提供開始により、訪日外国人観光客の旅行需要の創出・促進を狙うとともに、滞在支援の一環として『ひとりでもガイド付のまち歩きを楽しめる新たな旅のスタイル』を提案できれば」としている。

  • はてなブックマークに追加