桃井はるこさん、レーベル「アキハバ ラブ レコーズ」設立

画像=桃井はるこさん

画像=桃井はるこさん

  •  
  •  

 ドワンゴ・エージー・エンタテインメント(千代田区)は2月3日、秋葉原で「桃井はるこプロデュースレーベル発足記者会見」を行った。

 同会見は、シンガーソングライターや声優、ラジオパーソナリティーなどとして活躍する桃井はるこさんが同社内に新レーベルを設立することに際し、行われたもの。

[広告]

 会見では、桃井さんのプロデュースレーベル「AKIHABA LOVE RECORDS」の概要が明らかに。内容は、奥井雅美さんをフィーチャーしたプロデュースユニット「Summer of Love」の始動や、第1弾シングル「るーじー・くーじ」(4コマ漫画「ゆるめいつ」DVD主題歌)と「Summer of Love」としての第2弾シングルのリリース、ボーカリストオーディション「魂の歌声オーディション」の開催を発表。

 併せて、ニコニコ動画との連携も発表。ニコニコ動画内で同オーディションを実施するほか、桃井さんオフィシャルチャンネル「アキハバ LOVE ちゃんねる」の開設(2月9日昼)、ニコニコ生放送レギュラー番組「独占!モコモコ60分」(2月24日~毎月最終火曜21時~)の開始も予定しているという。

 会見で、桃井さんは「秋葉原を目指して歌やバンドに励んでいる女の子や男の子がいる。こうした動きを受けて、ムーブメントの拠点になるレーベルがなければいけないと思ったためレーベル設立に至った。来年でデビュー10周年を迎えるため、何か区切りになるようなすてきなことをやりたいと思ったのも一因」と話した。

 「Summer of Love」については、「奥井さんは私のルーツ的なアーティストであり、あこがれの存在であるためフィーチャーした。ユニット名については、曲名などこれまで私が夏に縁があったことと、『セカンドサマー・オブ・ラブ』に次ぐ『サードサマー・オブ・ラブ』のような、秋葉原からムーブメントを起こしたいという意味を込めて命名した。略して『サマラブ』。サマラブオタが増えるといいな」とも。

  • はてなブックマークに追加