秋葉原中央通りで「ワンダーTシャツフェスティバル」-規模を拡大

画像=ワンダーTシャツフェスティバル65 “OMATSURI”のようす

画像=ワンダーTシャツフェスティバル65 “OMATSURI”のようす

  •  
  •  

 秋葉原中央通りの「LIVE PARK in AKIBA」(千代田区外神田1)で現在、イベント「ワンダーTシャツフェスティバル65 “OMATSURI”」が開催されている。

 同イベントは毎月1回、電脳雑貨店「三月兎」で行われているTシャツブランド「ナンバー1」決定イベント「ワンダーTシャツフェスティバル」の65回目となるもの。主催はTシャツブランドの「MARS16」で、2004年に始まった。

[広告]

 イベント内容は、各回多数のTシャツブランドが商品を出展し、最も売れたブランドに「WTFチャンピオン」の称号を授与。次回の開催までベルトが渡される。各ブランドが「最新作・最高傑作」のTシャツを販売するほか、ブランドデザイナーも一堂に会す「OFF会的」要素も含んでいるという。

 今回は通常開催時より規模を拡大。通常23~24ブランドのところ、30ブランド以上が出展するほか、沖縄のブランドも初登場する。エントランスでは日本に5体しかない「Fallout 3」の「Brotherhood of Steels(BOS)」像(主催者私物)が来場者を出迎える。併設のライブスペースでは、日本ファルコムの音楽ユニット「jdk BAND」のミニライブ(同7日)の実施も。

 開催時間は12時~20時。3月8日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ