将棋漫画「ハチワンダイバー」がDSで発売-作者・柴田さんらがトーク

画像=左から柴田さん、鈴木さん、藤田さん

画像=左から柴田さん、鈴木さん、藤田さん

  •  
  •  

 シルバースタージャパン(岐阜県大垣市)は3月25日、秋葉原のメードカフェ「ぽぽぷれ」(千代田区外神田)で「ハチワンダイバーDS」の発売記念関係者向け発表会を行った。

 「ハチワンダイバーDS」は、週刊ヤングジャンプで連載中の将棋バトル漫画「ハチワンダイバー」と将棋ソフトウエアを組み合わせたニンテンドーDS向けゲーム。棋力に合わせてプレーできる「難易度選択(イージー、ノーマル、ハード)」機能を用意。「イージー」は「将棋ゲーム史上最弱」で、「ハード」は「DSゲーム史上最強」の難易度だという。対局中に、正解となる「良手」と不正解となる「悪手」を1つずつ表示し、二者択一のみで対局を最後まで進めることができる「イージーガイド」も搭載。将棋初心者にも配慮する。このほか、ヤングジャンプ編集部監修の下、各キャラクターの強さのレベル、使用戦法の再現や、「ダイブ」の使用、「名局鑑賞モード」の実装などや、ソフト1本で2人対戦ができるDSダウンロードプレーへも対応。

[広告]

 併せて収録するストーリーモードではハチワンダイバーをゲームで再現。プレーヤーは主人公・菅田健太郎となり、中静そよに強さを認められることと、その先にある最高のエンディングを目指す。各イベントの結果や好感度によってストーリーは変化する。

 発表会には、「ハチワンダイバー」作者の柴田ヨクサルさん、ハチワンダイバー監修者鈴木大介八段、特別ゲストとして藤田綾女流初段が登場。

 漫画「ハチワンダイバー」について、柴田さんは「元々、相当なレベルの将棋ファンだったこともあり、将棋を漫画にする機会は何回かあったのだが(当時は力不足で)、10数年漫画家をやって、将棋をまったく知らない読者に向けても描けるようになったのがこの作品をスタートしようと思ったきっかけ」と振り返る。漫画で使用されている棋譜の選択について、鈴木さんは「実践譜から使用するものもあるが、柴田先生と綿密な打ち合わせをして、登場人物の気風に合わせた棋譜を作り上げる。自分が指した将棋を後から解説するのは簡単だが、自分対自分で1局の将棋を指して、登場人物をイメージしながら棋譜を作りあげるのは大変」と苦労話を語った。

 トークの後、「10分切れ負け、ハンデ無し」というルールの下、小学校6年生まではプロ棋士を目指していたというアマ5段の柴田さんと、ハチワンの大ファンだという藤田さんが主人公菅田健太郎対中静そよを想定し、実際に対局をスタート。序盤から柴田さんがリードし、勝利を収めた。

 同タイトルの価格は4,980円。発売は3月26日。発売元はエレクトロニック・アーツ(新宿区)。

  • はてなブックマークに追加