秋葉原の鉄道居酒屋「TGV」が名古屋進出-「1日駅長記念焼き」も

画像=鉄道居酒屋 十五夜スタッフイメージ

画像=鉄道居酒屋 十五夜スタッフイメージ

  •  

 ライトクリエート(千代田区外神田3)は3月19日、名古屋に「鉄道居酒屋 十五夜」(名古屋市北区)を出店した。店舗坪数は36坪で、席数は40席。

 同店は、同社が秋葉原で展開する「鉄道居酒屋 Little TGV」「小悪魔の宴 Little BSD」の姉妹店。鉄道をコンセプトにしていることから、スタッフが客室アテンダントや車掌のコスプレで接客を行うほか、店内を鉄道グッズで彩り、鉄道にちなんだフードやメニューを提供するのが特徴。

[広告]

 同店独自メニューとして、「1日駅長記念焼き」「日替わり駅弁」(スタッフとの記念撮影付き)のラインアップも。

 オープンから1カ月間の利用客層は「半分が鉄道ファンで、残りは会社帰りのビジネスマンやOL」だという。客単価は約2,500円。

 名古屋出店について、同社広報担当者は「秋葉原のLittle TGVに訪れる関西方面のお客様からのリクエストがきっかけ」と話している。

 営業時間は17時30分~23時。