カレー激戦区の秋葉原に低価格「イタリア式」が参戦

店内

店内

  •  
  •  

 グリル・ワインバーを経営するブゥロ(渋谷区)は10月20日、ヨドバシAkiba1階にイタリアンバールとイタリア式カレー店「MACH DUE(マッハドゥエ)」(千代田区神田花岡町1、TEL 03-5295-2611)をプレオープンした。

 同社の新業態店だという同店。約9坪の店内に20席を設け、昼は「イタリア料理屋のまかないカレー」をコンセプトにしたカレーを提供するほか、夜はバールとして営業する。カレーは、牛筋などを煮込んだ「ビーフベース」とロブスターの頭を煮込んだ「ロブスターベース」の2種(各500円)で、トッピングにイタリア式カレーの特徴だという味の変化を持たせる「フライドガーリック」や「イタリアンハンバーグ」など15種(50円~350円)を用意する。バール営業時はカクテルのほか自家製ソーセージやサラミ(300円~700円)なども提供。客単価は昼=730円、夜=2,000円~2,500円を設定。営業時間は昼=10時30分~17時、夜=18時~26時。

[広告]

 「コストを削減し、安くて質の高いものを提供したい」という同社社長。同店出店について「秋葉原には大手カレーチェーン店の全国売り上げ2位となる店舗がある点や、カレーに馴染んでいるユーザーが多い点などを踏まえ、カレー需要が高い秋葉原で新業態に挑戦したかった」と話している。グランドオープンは11月1日を予定。

MACH DUE

  • はてなブックマークに追加