海洋堂・特撮リボルテックから「トイ・ストーリー」ウッディとバズ

©Disney/Pixar
画像:左=ウッディ、右=バズ

©Disney/Pixar 画像:左=ウッディ、右=バズ

  •  
  •  

 秋葉原で直営店「ホビーロビー東京」(千代田区外神田1)を展開する海洋堂(大阪府門真市)は8月から、「特撮リボルテック SERIES No.010 WOODY(ウッディ)」と「同 No.011 BUZZ LIGHTYEAR(バズ・ライトイヤー)」の販売を開始した。

シリーズ開始時は、秋葉原にブースカの姿が

 「特撮リボルテック」は、同社が手掛けるアクションフィギュア「リボルテック」からリリースする「特撮/SF」などにフィーチャーしたシリーズで、今年4月から展開している。

[広告]

 8月発売分では「トイ・ストーリー」にフィーチャー。

 「ウッディ」は17個のリボルバージョイントを盛り込み、広範囲に可動。胸につけたシェリフのバッジ、ガンベルトや背中のヒモなど細部まで忠実に造形表現している。オプションパーツではマイクや「双眼鏡のレニー」、トレードマークの「カウボーイハット」に加え、ボーナスパーツとして「双眼鏡のレニー」を保持できるバズの手も付属する。

 一方、「バズ・ライトイヤー」は腕の付け根を引き出せるようなギミックを考案。これにより可動範囲を広げ、豊かなアクションポーズが可能に。さらに、両手の親指、残り4本の指パーツが可動するほか、頭部の透明キャノピー部は開閉が、スペース・ウイングは脱着ができる。このほかミニチュア兵隊「グリーンアーミーメン」も付属する。

 加えて、「ウッディ」「バズ・ライトイヤー」ともに顔の裏側から瞳を自由に動かせることができるほか、顔パーツが2種類付属。足裏には持ち主である「アンディ」のサインも再現している。

 価格は、それぞれ2,850円。

  • はてなブックマークに追加