マウス、10型Android搭載タブレット発売へ-モバイルデバイス市場に参入

画像=LuvPad AD100

画像=LuvPad AD100

  •  
  •  

 秋葉原で直営店を展開するマウスコンピューター(台東区)は9月末、タブレット「LuvPad AD100」を発売する。

マウス、10.1型ネットブックPC販売開始

 同商品は、同社が立ち上げたモバイルデバイス端末「LuvPad(ラヴパッド)」シリーズ初のモデルとなるもの。「タブレット環境を最新のスペックでいち早く体感」をコンセプトに開発。米グーグル社製携帯情報端末向けOSのAndroid 2.2や、NVIDIA社製フルHD超低消費電力ウェブ・プロセッサ、NVIDIA Tegra 250を採用し、高速性を実現した。

[広告]

 このほか、10型静電容量マルチタッチモニタや各種センサー、IEEE802.11 b/g 対応無線LAN 、OS起動用とアプリケーション、データ用のフラッシュメモリを個別で搭載するなど、スペックの充実も。

 ソフトウェア面では、日本語入力アプリとしてフリック入力に対応したSimejiをプリインストール。その他ソフトウェアもユーザーからの要望に応じ、順次提供を予定する。

 メモリは512MBで、ストレージは512MB(OS起動用)・8GB(フラッシュメモリ)。重量は約760グラム(本体重量)。

 価格は3万9,800円。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

デジハリ大