海洋堂「リボルテックヤマグチ」、100体目到達控え記念展開催へ

  •  

 海洋堂(大阪府門真市)は、10月に「ホビーロビー東京」(ラジオ会館4階)で「リボルテックヤマグチ99作品展」を開催することを明らかにした。

アキバに「快獣ブースカ」襲来

 「リボルテックヤマグチ」は原型師・山口勝久さんがシリーズ全体の造形を担う、間接システムパーツ「リボルバージョイント」を使用した海洋堂がリリースしているフィギュアコレクション。2006年の展開開始から4年、毎月数点の発売を続け、これまでに累計300万個を出荷。来年1月、100番目の作品に達する。

[広告]

 それを記念して開く同展では、「リボルテックヤマグチ」No.001~No.099を一堂に展示。ロボットやヒーローのほか、美少女からネコやクマまでラインアップされたシリーズの歴史を一気に振り返ることができる。併せて、一般流通では品切れになっているアイテムなどを売る特設販売コーナーの設置も予定。

 記念展に先駆け、ツイッターでのプロモーションも展開。100番目の作品についての新情報やヒントやリボルテックヤマグチ絶版製品お蔵だしの販売情報などをつぶやいているほか、キャンペーンアカウント「100yamaguchi」をフォローすることで、5人に100番目の製品を発売前に進呈する企画も用意する。

 同展の開催は10月1日~11日を予定。