学ぶ・知る

ニコン、写真の3D変換サービス開始-専用デジタルフレーム貸し出しも

画像=3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」※モニターの画像は、はめ込み合成

画像=3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」※モニターの画像は、はめ込み合成

  •  
  •  

 ニコン(千代田区)とニコンイメージングジャパン(港区)は10月26日、ベルサール秋葉原(千代田区外神田3)で新サービス「my Picturetown 3D」の発表会を行った。

裸眼3D立体液晶ディスプレーシステム

 「my Picturetown 3D」はニコンの画像共有・保存サービス「my Picturetown」上で提供する会員向けのサービス。インターネットを通じて通常のデジタル画像を3D画像に変換し、専用のデジタルフォトフレームで再生、鑑賞できるのが特徴。

[広告]

 同サービスでは、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」の貸し出しや、「my Picturetown」上での静止画の3D画像変換、「my Picturetown」の機能を利用した3D画像の表示・共有、3Dコンテンツ(静止画、動画)の配信サービスを提供。これにより、自分で撮影した写真を3D画像で楽しめるほか、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」間での3D画像の共有もできる。「NF-300i」には、「Android OS」を採用していることから、画像閲覧だけでなくカレンダー、時計、天気予報などの機能も搭載する。

 同社は同サービス開発の背景として、「3D映画のヒットをきっかけに3Dテレビをはじめとした立体視可能な製品が注目を集めている。加えて、デジタルフォトフレーム市場も拡大。マーケットの変化を受けて、さらに新しい楽しみ方を提案するため」とコメントしている。

 同日からサービス申し込み受け付けを開始し、サービス開始は12月上旬を予定する。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

デジハリ大