神田明神で「節分祭」-参拝者らでにぎわい見せる

画像=神田明神 節分祭豆まき式の様子

画像=神田明神 節分祭豆まき式の様子

  •  
  •  

 神田明神(千代田区外神田2)で2月3日、「節分祭豆まき式」が行われた。

万世、節分ペーパークラフトをネット配信

 14時を迎え、古式装束の神職に続き氏子総代、特別崇敬者など年男代表らが境内を参進し、御神殿に入殿。

[広告]

 神主が祝詞をあげ、参拝者とともに二礼二拍手一礼を行い、千代田区長、万世橋・神田警察署長、神田消防署長、神田税務署長らがくす玉を割った後、古代の武人の装束を着用した神職が鳳凰殿2階に。鬼門(東北)と裏鬼門(南西)の方角に向けて矢を放つ仕草をし、邪気を払う「鳴弦の儀(めいげんのぎ)」が披露された。さらに大黒様・えびす様の「福鈴」が授けられた後、豆まきが開始。

 はかま姿の年男・年女たちのほか、10人組のガールズユニット「ぱすぽ」や、元・光GENJIメンバーの山本淳一さんらが、「鬼は外、福は内」の声とともにまく福豆を手にしようと手を伸ばす参拝者らの姿で境内はにぎわいを見せた。