コトブキヤ、新店オープンで「ボトムズ」の缶コーヒー発売

  •  
  •  

 壽屋(立川市)は12月1日から、新規オープンした「コトブキヤ ラジオ会館店」(千代田区外神田1、TEL 03-5298-6300)などで、缶コーヒー「『装甲騎兵ボトムズ』(以下、ボトムズ)ウドの缶コーヒー」を販売している。

 「『装甲騎兵ボトムズ』ウドの缶コーヒー」は同社が自社の飲料商品の発売を検討していたことと、ラジオ会館店のオープンが決まり、土産や「ネタ」として来店客が手軽に手に取れる商品を模索していたこと、同店などでボトムズフェアを開催していることなどから発売したもの。

[広告]

 商品はロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」の2話の予告でのフレーズ「キリコ(=主人公)が飲むウドのコーヒーは苦い」を再現した缶コーヒー。パッケージに「WOODO」のロゴとメーンキャラクター「キリコ」、同アニメで登場する言語「ギルガメス文字」と同フレーズがプリントされている。中身はブラックコーヒーで内容量は190グラム。価格は160円。

 「極微糖」テイストの同品について企画担当者は「キリコがクールでかっこいいキャラクターのため『クリームは入れないのでは』と考えブラックにしたが、ブラックの場合飲みづらい方もいるのでキャラクターのイメージを崩さず、飲みやすいという点から『極微糖』にした」と話している。

 パッケージについては「大手メーカから販売されている缶コーヒーの顔プリントや響きなどの要素を取り入れ、一般的に知られている缶コーヒーのイメージを反映させた。また、キリコの横にプリントされているギルガメス文字は解読できるようになっているため、ファンの方も楽しんでもらえるのでは」とも。

関連記事壽屋

  • はてなブックマークに追加