秋葉原でCC2ゲーム作品「アスラズ ラース」展示イベント開催へ

展示原画イメージ
©CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

展示原画イメージ ©CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

  •  
  •  

 サイバーコネクトツー(福岡県福岡市博多区)は9月8日から、コトブキヤ秋葉原館(千代田区外神田1)5階イベントスペースで「ASURA’S WRATH(アスラズ ラース)」展示イベントを開催する。

 「アスラズ ラース」はカプコンとサイバーコネクトツーがタッグを組んで制作したPlayStation3/Xbox 360専用ソフト。「怒の化身・アスラとなり、圧倒的な力で強敵をねじ伏せる爽快感のほか、アクションと映像演出が融合した、従来のゲームの枠にとらわれない新しい体験型連続活劇アクションゲーム」として今年2月に発売した。

[広告]

 今回のイベントでは、「マインド・ゲーム」「鉄コン筋クリート」などで知られるSTUDIO4℃が制作を担当した同作ダウンロードコンテンツとして配信中の大平晋也監督による第11.5話「あの力はまずい」と、中澤一登監督による第15.5話「青二才が」のアニメーション原画を展示。力強い作画や絵コンテ、監督による直筆のアイキャッチのイラストなど迫力ある原画が会場に並ぶ予定。

 イメージボードや世界観・キャラクターなどの設定資料のほか、収録台本や特製フィギュア、海外での特典物、キャラクターデザインの時津祐介さんとサイバーコネクトツーのアーティストで同作のアートボードを務めた細川誠一郎さんによる描き下ろし複製原画なども展示。展示の複製原画をはじめとした同作関連グッズも販売する。

 9月8日には同作制作総指揮を務めた松山洋さんとディレクター・下田星児さん、15日には、松山さん、下田さんに加えプロデューサーを務めたカプコンの土屋和弘さんも迎えてトークイベントとサイン会、プレゼント抽選会を開催する。いずれもサイバーコネクトツーホームページで事前申し込みを受け付けている。

 開催時間は10時~20時(金曜・土曜は21時まで、8日は15時30分~、15日は15時~)。入場無料。今月17日まで。

  • はてなブックマークに追加