秋葉原の京風ネカフェで働く女性ユニット「和茶屋娘」がファーストアルバム

  •  
  •  

 秋葉原で働く女性ユニット「和茶屋娘(なごみちゃやむすめ)」が11月11日、ファーストアルバム「『四季彩』-SHIKISAI-」を発売する。

 京都の旅館をイメージした和風の内装が特徴のインターネットカフェ「和style.cafe AKIBA(ナゴミスタイルカフェアキバ)店」(千代田区外神田6)で働く女性スタッフで構成する同ユニット。

[広告]

 2012年10月2日の結成以降、ファーストシングル「赤糸恋歌(あかいとこいうた)」や写真集「彩(いろどり)」をリリース。今年は、春・夏・秋・冬をイメージした楽曲を発表する「四季プロジェクト」を展開してきた。

 同店のオープンから8周年を迎える今月11日、同ユニットはファーストアルバム「『四季彩』-SHIKISAI-」を発売。

 作詞、ジャケットデザイン、イラストは和茶屋娘が手掛けたほか、ゲストミュージシャンに雅勝さん(三味線)、山崎蒼山さん(尺八)、菊池良則さん(尺八)、岡戸朋子さん(琴)を迎え、日本の四季を感じとることができる作品に仕上げたという。収録曲は6曲。「和 style.cafe AKIBA 店」「和茶屋レコード(インターネット通信販売)」iTunes(11月下旬予定)で取り扱う。価格は1,000円。

 9日には「RM burger&break」(外神田3)で先行リリースイベントを実施。和茶屋娘の歴史やアルバム、今後の活動についてのトークや撮影会などをネット配信番組「お茶の間さいさい」「Akiba.TV」の公開収録として行う。

 開催時間は19時~20時。入場無料(ワンオーダー制=400円~)。

  • はてなブックマークに追加