食べる

JR秋葉原駅構内に地産品ショップ「のもの」-物販・飲食を展開

のもの 秋葉原店

のもの 秋葉原店

  •  
  •  

 JR秋葉原駅中央改札横(改札内)に3月7日、地産品ショップ「のもの 秋葉原店」がオープンする。

2階の「のものキッチン」についてはこちら

 「のもの」は2012年1月、上野駅のグランドコンコースにJR東日本が初出店。各地域の生産者や行政と連携し、食を中心とした地産品の販売や一定期間ごとに各地域にスポットを当てたフェアを展開。銘菓・地酒・加工品などをはじめJR東日本エリアを中心とした地域のさまざまな商品や地域の魅力を伝えてきた。

[広告]

 2号店となる秋葉原店は、物販と「のもの」初となる飲食の2フロアで展開。

 1階の物販フロアでは、バイヤーやスタッフが上野店で取り扱ってきた商品の中から厳選した商品を取りそろえる「ベストセレクションコーナー」、各地域のクラフトビールを50種類以上そろえる「クラフトビールコーナー」、人気商品がわかる「ランキングコーナー」、各県のおすすめ商品を集めた「『のもの』各県フェアコーナー」などを設ける。

 2階の飲食フロア「のものキッチン」では、伊達鶏のつくね、比内地鶏の目玉焼き、山形名物玉コンニャクなど東北各地の食材を使った「東北盛り合わせ丼」(890円、おしんことお茶漬け用だし汁付き)ほか地域の食材をふんだんに取り入れたメニューを提供する。

 併せて、同駅1階コンコースで「三陸のものマルシェ」を9日まで開催。南三陸町(宮城)、宮古市(岩手)、八戸市(青森)など三陸の加工品を中心とした工芸品などの商品を幅広く用意するほか、青森県立八戸工業高校の生徒と連携して開発した「八戸前沖さば」を使った新商品「八戸サバーグ」も販売する。

 営業時間は、1階物販=11時~21時、2階飲食=平日7時~22時、土曜・日曜8時~21時。

  • はてなブックマークに追加