学ぶ・知る

Wi-Fi連動型屋外広告「アキバWi-Fiシリンダー」-サイトへのアクセス直結

「アキバWi-Fiシリンダー」イメージ

「アキバWi-Fiシリンダー」イメージ

  •  
  •  

 電通(港区)は5月2日、Wi-Fi連動型屋外広告「アキバWi-Fiシリンダー」を開発し、販売を始めた。

 ワイヤレスゲートとOOHメディア・ソリューション(以下OMS)、シーエスイーと共同で「無線LAN環境構築支援プロジェクト」を推進している同社。

[広告]

 「アキバWi-Fiシリンダー」は、秋葉原タウンマネジメントとOMSが共同で開発した屋外広告媒体。柱巻き広告にWi-Fiのアクセスポイントを設置し、広告主が指定した名称でSSIDを提供。屋外広告を見たユーザーが、スマートフォンやタブレット端末などでこのSSIDを選択し、一度広告主のサイトを見ると、無料でWi-Fiが使えるようになるという仕組み。

 同Wi-Fi経由でアクセスするページに限定クーポンなどを設定することでリアル店舗に誘導する連動企画や、オンラインゲームでアキバ限定アイテムを配布するなどの販促企画やプロモーション展開のほか、アクセスデータの解析も可能という。

 設置箇所はJR秋葉原駅前電気街口アトレ秋葉原前で、設置物は柱巻き広告8基(高さ1.73メートル×周囲2.87メートル)。 掲出期間は2週間単位。