暮らす・働く

ボークス、秋葉原に「ホビー天国」ビル開業-初の中古取り扱いも

  •  
  •  

 ボークス(京都府京都市)は11月22日、ホビービル「ボークス秋葉原ホビー天国」(千代田区外神田1)を開業した。

「秋葉原ホビー天国」旧店舗営業時の様子はこちら

 場所は、「石丸電気パソコン館」跡「ラジオ会館1号館」として営業していた秋葉原駅すぐの中央通り沿いのビル一棟。

[広告]

 同社の秋葉原での営業は、1998年(平成10年)秋葉原ラジオ会館に出店。同館にテナントとして入居していたが、秋葉原ラジオ会館立て替え閉館に伴い移転。秋葉原ダイビルそばで3フロア構成の「ボークス秋葉原ホビー天国」を展開。今年6月、同店3階を閉店。7月に新ラジオ会館 8階に「ボークスドールポイント秋葉原」としてリニューアルオープン。8月には14年間営業したボークス池袋ショールームを閉店し、秋葉原の店舗営業に注力してきた。

 今回開業する新生「ボークス秋葉原ホビー天国」は、地下1階から7階までの全8フロア。最新のプラモデルやフィギュア、キャラクターグッズ、アキバ土産などを販売する。フロア構成は以下。

 7階=イベントホール、6階=トレーディングカード、中古買い取りカウンター、5階=ボークスオリジナルメカ系商品、各社メカ系商品(ガンプラなど)、用品用材、工具、4階=ボークスオリジナルフィギュア、各社PVC美少女フィギュア、3階=トレーディングフィギュア、プライズ、中古フィギュア、アウトレット、食玩など、2階=キャラクター雑貨、グッズ、キャラクターTシャツ、1階=レンタルケース、キャラクター雑貨、お土産グッズ、地下1階=レンタルケース。

 中でも、7階には多目的スペースを常設。同社主催のイベントやホビーメーカーによる展示会などを開催する。本格的なトレーディングカードコーナー(6階)とフィギュアをはじめとするホビー商品の中古取り扱い(6階と3階)は同社初。1階、地下1階のレンタルショーケースのケース数は1500以上を完備。カードゲームの出品に適した薄型の「カードレンタルケース」も設置する。

 営業時間は11時~20時(土曜・日曜・祝日は10時~)。