ゲーム会社アクワイアが20周年-ロゴ・スローガン一新、公式キャラも

アクワイアちゃん

アクワイアちゃん

  •  

 秋葉原に本社を置くアクワイア(千代田区外神田1)が12月6日、設立20周年を迎えた。

 同社は1994年創業。「独自性」「奇抜さ」をキーワードに「尖(とが)った」オリジナルコンテンツを開発。手掛けてきたタイトルは、「天誅」「侍道」「勇者のくせになまいきだ」「AKIBA'S TRIP」ほか。コンシューマゲームだけではなく、ソーシャルゲームやスマートフォンアプリ開発にも取り組んでいる。2011年には、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが開発力向上を理由にアクワイアの株式50.1%を取得し、子会社化した。

[広告]

 同社は20周年を迎え、会社ロゴのリニューアルと新スローガンを制定。新ロゴでは、「尖ったものを作り続ける」という意思表示をより強くするため、角ばったロゴに一新した。スローガンは以下の通り。

 「とがったものでなければ、ココロに突きささらない。とがったものでなければ、常識に風穴を開けることはできない。モノをつくる私たちは、自分自身の感性を研ぎ澄ませよう。誰かのマネをするのではなく、個性を磨きつづけよう。目指すのは、世界にただひとつだけのゲームだ。私たちが生みだす新しいワクワクで、ゲームはまだまだおもしろくできる。非日常を楽しむためのゲームが、丸くなってどうする。さぁ、もっと鋭く。ココロに、さされ。」

 さらに、公式キャラクター「アクワイアちゃん」を展開。ゲームの世界から飛び出してきたという設定で、同社の顔としてゲームの広報活動やゲーム内への出演などを予定する。第1弾として、スマートフォン向けパネルアクションRPG「ロード・トゥ・ドラゴン」にユニットとして登場。同作内コラボクエストで入手できる。