見る・遊ぶ

駅ナカ売店型コンビニ「ローソンメトロス」 インバウンド需要にも対応

「ローソンメトロス秋葉原店」イメージ

「ローソンメトロス秋葉原店」イメージ

  •  
  •  

 東京メトロ日比谷線秋葉原駅構内に8月4日、「ローソンメトロス秋葉原店」(千代田区神田佐久間町1)がオープンした。

 「ローソンメトロス」は、東京メトロ(台東区)のグループ会社・メトロコマース(台東区)が運営する売店「メトロス」をリニューアルした売店型コンビニ。おにぎり、デザート、オリジナル健康菓子などの販売のほか、公共料金の支払いやクレジットカードによる決済など、これまでの「メトロス」には無かったコンビニ機能を導入する。

[広告]

 さらに、外国語(英語・中国語)による商品説明の表記や外国人観光客に人気の商品を品ぞろえするなど、増加する外国人観光客の利便性向上を目指す。

 面積は約2.5坪で、取扱アイテム数は500品目以上。営業時間は、平日=7時~22時(土曜は20時まで)。日曜・祝日休店。 

 今年「メトロス」をローソンに転換することで合意し、業務提携契約を締結した東京メトロとメトロコマースとローソン(品川区)。今後、同店を皮切りに8月25日=赤坂見附店、9月中旬=綾瀬東口店を出店。東京メトロ駅構内で約50店を目標に展開していく。

  • はてなブックマークに追加