食べる

秋葉原駅高架下「B-1グランプリ食堂」がメニュー入れ替え 新たに8種提供

「いちのせきハラミ焼」(岩手県一関市)。手作りの味噌を使った特製ダレ、鶏1羽から20gしかとれない希少部位を使ったハラミ焼

「いちのせきハラミ焼」(岩手県一関市)。手作りの味噌を使った特製ダレ、鶏1羽から20gしかとれない希少部位を使ったハラミ焼

  •  
  •  

 「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」(千代田区神田練塀町15)で10月23日から、新メニューが提供される。

 「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」は、ジェイアール東日本都市開発(渋谷区)が高架下再開発計画の第3弾として商業施設「2k540」と「ちゃばら」の間、秋葉原UDXと神田消防署向かいに今年7月、開業した施設。

[広告]

 トレーラーやキッチンカーで料理を提供する野外イベント「B-1グランプリ」のイメージを高架下で再現。日本各地のご当地グルメを1皿300~700円で販売している。

 今回、「第2章」と称して一部のメニューの入れ替えを実施し、これまで提供していなかった北海道地方や日本海沿岸地方など8種類のご当地グルメを、各地域の愛Bリーグ加盟団体監修の下、新たに提供。来店客の声を参考に「ご飯単品」もメニューに加える。

 出店ラインアップは、「四日市とんてき」「いちのせきハラミ焼」「山形芋煮カレーうどん」「なよろ煮込みジンギスカン」「本荘ハムフライ」「出雲ぜんざい」「小樽あんかけ焼そば」「上対馬とんちゃん」。

 営業時間は11時~21時(土曜・日曜・休日は20時まで)。