暮らす・働く

ダイコク、「AKIBAドラッグ&カフェ」を閉店 新宿歌舞伎町に移転で

「AKIBAドラッグ&カフェ」(アキドラ)外観

「AKIBAドラッグ&カフェ」(アキドラ)外観

  •  
  •  

 「AKIBAドラッグ&カフェ」(千代田区外神田3、通称アキドラ)が4月8日、通常営業を終えた。

 同店は、ドラッグストア「ダイコクドラッグ」を運営するダイコク(大阪府大阪市)が2013年7月、パソコン工房跡に出店。ドラッグストアとステージを併設したメイドカフェ、もみほぐし、写真館などを合わせた複合施設として営業してきた。ダイコクドラッグのイメージガールズユニット「DDプリンセス」、同店発のオーディションから生まれたアイドルユニット「異国のファルマチスタ」なども展開している。

[広告]

 同社によると、今年5月のテナント契約期間満了に合わせて同所での営業を終了。店舗の移転を段階的に進めている。

 移転先は、昨年8月、外国人観光客の爆買い需要に応じて新宿歌舞伎町に出店した300坪の大型店舗「ダイコクドラッグ 歌舞伎町一番街6階店」。同店内にライブステージを持ったシアターレストラン「DDPシアター新宿店」を開設し、アキドラで培ったノウハウに最新鋭の機材を投入して「DDプリンセス」によるパフォーマンス、アイドルライブなどを開くという。

 「アキドラ」では、通常営業は終えたが、5月までは同店でのライブの開催を予定する。

  • はてなブックマークに追加