カラオケルームをワークスペース化 第一興商とNTT Comが実証実験

利用イメージ

利用イメージ

  •  
  •  

 カラオケ「ビッグエコー」を展開する第一興商(品川区)とNTTコミュニケーションズ(千代田区、以下NTT Com)が12月14日、秋葉原などでカラオケルームを企業向けのワークスペースとして提供する実証実験を始めた。

 今回の実証実験では、首都圏21店舗の「ビッグエコー」のカラオケルーム約100室に、NTT Comがウェブ会議システムやインターネット無線LANなどビジネスに必要なICT(情報通信技術)環境を整備し、企業向けにワークスペースとして提供する。

[広告]

 実証実験について両社は「企業では多様化するワークスタイルへの対応と生産性向上の両立を目指した、いつでもどこでも働けるビジネス環境の整備、いわゆるテレワークの実現が課題」と前置き、「特に外出中の打ち合わせ参加や資料作成など社外でのビジネス環境は、既存のワークスペース利用のためのコストやセキュリティー確保の難しさ、周囲の騒音などの問題もあり十分整っていない状況」が背景にあるとコメント。

 この実証実験を通じて「第一興商は企業のテレワーク利用ニーズを踏まえた高付加価値化によるカラオケルームの利用拡大を、NTT Comは働き方改革を実現する各種ICTソリューションの提供拡大を図っていく」という。

 実証実験対象店舗は以下。秋葉原駅前店、神田西口店、八重洲本店、銀座数寄屋橋店、有楽町店、新橋銀座口駅前店、浜松町駅前店、品川港南口駅前店、渋谷宮益坂口駅前店、西新宿センター店、池袋西口店、赤羽店、中野通り店、八王子店、横浜相鉄口駅前店、新横浜店、川崎東口駅前店、千葉駅前店、成田駅前店、柏駅前店、大宮南銀通り店。

 来年2月まで。

  • はてなブックマークに追加