宝田無線、旧ロケット1号店のビル解体-新ビル建設へ

画像は旧ロケット1号店

画像は旧ロケット1号店

  •  
  •  

 「宝田無線免税店」や中古PCの販売、「ダイソータカラダ秋葉原店」などを手がける宝田無線電機(千代田区外神田1)は4月後半より、同社が所有する秋葉原駅近くの旧ロケット1号店ビルの解体を開始する。

 同ビルには、ビル壁面にイエローやピンクなど原色カラーの垂れ幕を掲げた外観が印象的だった「ロケット1号店」が入居し、家電や音響機器、アダルトソフトなどを販売していたが、3月25日閉店した。解体は、木造地上3階建てだった同ビルの建て替えのために行なわれるもの。

[広告]

 今後同敷地には、地上9階・地下1階、ワンフロア約25坪の鉄筋コンクリート造りのビルを建築予定で、9階を事務所として、それ以外のフロアを店舗として使用する予定。同社広報担当者によると現在、入居テナントなどは未決定だという。

宝田無線電機

  • はてなブックマークに追加