NHK-FMでアキバが舞台のラジオドラマ-キャストにみやむーも

画像は「アキバの休日」キャスト

画像は「アキバの休日」キャスト

  •  
  •  

 NHK-FMで7月7日、秋葉原を舞台にしたラジオドラマ「アキバの休日」が放送される。

 同ドラマは日本アニメが大好きな王子が来日し、多忙と過密スケジュールの中、側近の目を盗み脱走。向った先は秋葉原で、秋葉原案内メードで大のアニメ好きの萌と出会いデートをすることからストーリは展開。

[広告]

 脚本は放送作家の藤井青銅さんが手がけ、キャストには宮村優子さん(=メード役)や、ウエイン・ドスターさん(=王子役)らを迎えるほか、秋葉原のメードカフェ「@ほぉ~むcafe」のメードらも「お帰りなさいませ、ご主人様」などの台詞で参加する。ドラマ内ではホビーショップやアイドルのライブ、アンプショップなども登場。効果音はスタッフらが秋葉原に出向き雑踏音やビラ配りの声などを録音した。

 放送日時は7月7日22時~22時50分。

 脚本を手がけた藤井さんはその昔、「アニメージュ」で連載を行なっており、秋葉原のカルチャーに触れた作品を描くのは約20年振りだという。ドラマ内で登場するアイドルが歌う曲の歌詞も藤井さんが作詞。藤井さんは「当初、ざっくりとサビだけ書いて『こんな感じでよろしく』と話したら、作曲家がノって『ほかの歌詞も書いて』ということになり、作った曲。ドラマでは必要ないにも関わらず、無駄に2番まで作ってしまいました」と笑って話していた。

 NHKがドラマの舞台に秋葉原を起用した理由について同ドラマのディレクターは「日本に興味を持ち、来日する外国人が多い昨今の状況をラジオで表現したかった。秋葉原はそういった趣旨にそぐう街のため」と話している。

NHKラジオセンターオンライン

  • はてなブックマークに追加