野村證券、秋葉原に情報発信拠点「ノムラキューブ」を開設

画像=「ノムラキューブ」イメージ

画像=「ノムラキューブ」イメージ

  •  
  •  

 野村證券(中央区)は9月26日、秋葉原UDX2階(千代田区外神田4)の「AKIBA ICHI」内に同社の情報発信拠点「NOMURA CUBE(ノムラキューブ)」を開設した。

 同施設は立方体(キューブ)型のブース。大きさが3×3×3メートルと組み立てが容易で一定以上のスペースがあれば設置することが可能。ブースにはスタッフが常駐し、株式や投資信託などの運用に関する投資情報誌、個人向け国債やファンドラップなどの金融商品パンフレットを設置するなど、さまざまな投資に関する情報を「手軽に」収集できるようになっているのが特徴。併せて、同社の近隣支店の紹介や各支店のセミナー開催情報も提供することで、最寄り支店の訴求も行う。

[広告]

 同社は、顧客との接点を拡大すべく新規出店の加速とコールセンターや野村ホームトレードのさらなる充実などを図っており、今後は、従来型の店舗という形では出店できなかったエリアに機動的に「NOMURA CUBE」を展開していくことで、顧客との接点拡大を加速させるという。

 営業時間は平日=11時~20時30分、土曜・日曜・祝日=11時~17時30分。

野村證券

  • はてなブックマークに追加