PC持ち寄りLANパーティー「BIGLAN」がオンラインゲームとコラボ

画像=前回開催時の様子

画像=前回開催時の様子

  •  
  •  

 成(足立区)のBIGLAN事業部は12月15日・16日、秋葉原UDX Gallery(千代田区外神田4)でLANゲームパーティー「サドンアタック プレゼンツ BIGLAN socket 6」を開催する。

 同イベントは、コンピューターゲームとパソコンの新しい楽しみ方の普及を目的に開催しているもので、参加者はマイパソコンの持ち込みが可能。今回はゲームヤロウ(港区)が提供するオンラインマルチプレーFPS(ファーストパーソンシューティングゲーム)「サドンアタック」とコラボレーションし、オンライン大会を勝ち抜いたサドンアタックユーザーを集めて、トーナメント戦を行う。

[広告]

 場内にはBYOC(持ち込み)パソコンエリア80席を用意するほか、ニンテンドーDS、Xbox 360の試遊エリアの開設、「サドンアタック」イメージガールの喜屋武ちあきさんやキャンペーンガールの登場、秋葉原のパソコンショップが手がけた「デコパソ」(デコレーションパソコン)や「クロックアップマシン」の披露も予定する。併設する「Eスポーツスタジアム」のステージではXbox360やPCゲームを使用したEスポーツ大会(コンピューターゲームをスポーツとして楽しむイベント)も開催。

 担当者は同イベントについて、「パソコンを会場に持ち込んで、普段は顔を合わすことができないゲーム仲間と一緒に楽しんでもらえれば」と話している。

 LANゲームパーティーは、BYOC(=Bring Your Own Computer)を合い言葉にプレーヤー自らがPCを持ち寄りLAN接続でゲームを楽しむもので、海外では6,000人規模のイベントも開催されている。

関連記事(秋葉原のネットカフェでPC持ち込みLANゲーム大会)BIGLAN

  • はてなブックマークに追加