メード喫茶に新業態-アニメ制作スタジオ併設で他店と差別化

  •  
  •  

 東京ハイビジョン映像(杉並区)は、アニメ制作スタジオとの複合型メード喫茶「ポポの冒険(仮称)」(千代田区外神田1)をオープンする。場所は、エンターテインメントホール「Melody beeホール」跡。

 舞台の映像制作やアニメの制作を手がける同社。店名の「ポポの冒険」は同社が現在手がけているアニメ作品にちなんだもの。同店にはメード喫茶と、同社のアニメ制作スタジオを併設し、アニメ制作現場を来店客が実際に見ることができるようにする予定。また、映像制作の技術を生かし、カフェスタッフと撮影した1~2分の動画をその場で編集し、退店時までにパッケージ化して提供するサービスなどを検討中だという。オープンは3月末~4月を予定する。

[広告]

 同店に関して、同社孫田社長は「何か飲食店経営を始めたいと以前から考えていた。秋葉原周辺の店舗であればアニメ制作スタジオを併設することで、当社ならではの強みを生かし、他メード喫茶と差別化した店舗になるのではと考えて出店を決意した」という。「アニメスタジオの開設により、休日だけでなく平日もアニメファンをターゲットに集客を見込めれば」とも。

アイドルを身近に感じられる「Melody beeホール」がオープンアキバに本格マジックバー-コスプレ喫茶定休日使い

  • はてなブックマークに追加
デジハリ大