外国人らが、秋葉原駅で「ひとり歩き点検隊」-利便性をチェック

画像=外国人モニターの皆さん

画像=外国人モニターの皆さん

  •  
  •  

 国土交通省関東運輸局は2月26日、秋葉原駅で外国人による「ひとり歩き点検隊」を実施した。

 試みは関東運輸局が、大規模交通結節点での外国人観光旅客に対する情報提供を行っていく上で、効果的な手法を示すことを目的に実施しているもので、昨年12月の羽田空港での実施に次いで行うもの。

[広告]

 当日は、韓国、中国、英語使用圏国の外国人モニター約10人が参加。彼らが、JR線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス線、バスターミナルターミナルなど巡り、案内所やパンフレットなどによる適切な情報提供が行われているか、交通機関の乗り換えなどがわかりやすく表示されているかなど、外国人の視点で案内表示などの表示状況や利便性を点検した。

 モニターとして参加した中国人女性は秋葉原駅の利便性について「矢印表記や外国語表記など充分素晴らしい状態だと思うが、路線によって1つの言い回しにおける訳が所々異なっていたので、そこを改善したらもっと良くなるのでは」と話していた。

 今後、関東運輸局は外国人モニターから得た意見をもとに、関係者が連携・協力して関連施設等を整備していく際の参考にするという。

TIJ、「秋葉原新発見ツアー」をYouTubeで公開-認知度向上狙う(アキバ経済新聞)外国人向け「アキバツアー」実施へ-ガイドは悟空コスプレ外国人(アキバ経済新聞)アキバでアニメを活用した地域活性化調査案を公募(アキバ経済新聞)国土交通省関東運輸局

  • はてなブックマークに追加