段ボール肉まんショップ「マリリン」、段ボールパフェを販売開始

画像=毬パフェ

画像=毬パフェ

  •  
  •  

 秋葉原・中央通りの段ボール肉まんショップ「毬琳(マリリン)」(千代田区外神田4)は4月12日よりミニ饅頭を使った「毬パフェ」の販売を開始した。

 同商品は店内で蒸したミニ黒糖饅頭の上にホイップクリームをのせたもので、同店のメーン商品「段ボール肉まん」と同じパッケージに入れて販売を行うのが特徴。味は、色とりどりのチョコレートスプレーをかけた「毬パフェ トロピカル」と、きな粉と黒蜜をかけた「毬パフェ なでしこ」の2種類。価格はどちらも280円。

[広告]

 今回、同商品の販売を始めた経緯について、同店の経営を手がけるシューマン愁満(千代田区外神田4)の広報担当者は「比較的冬の季節の食べ物である肉まんをこれからの時期に向けてフォローする商品として以前から考えていたもの。お客様からあんまんが欲しいというリクエストもあったため、商品化を決めた」と話している。

 営業時間は11時~20時。

アキバ土産の大藤が語る-企画系土産商品の裏話(アキバ経済新聞)段ボール肉まんショップのキャラがCDデビュー-食の安全訴え(アキバ経済新聞)「めしあがれ、お兄ちゃん」-アキバ土産「おでんカレー」発売(アキバ経済新聞)果物の引き売り、売り上げ伸ばす-段ボール抱えオフィスに売り込み(上野経済新聞)段ボール肉まん「毬琳」

  • はてなブックマークに追加