AKB48、アフリカ楽器「ドラムストラック」応援サポーターに

  •  
  •  

 アイドルグループAKB48は、8月から公演が始まるステージ「ドラムストラック」のサポーターに選ばれ、5月20日、プロモーションイベントをドン・キホーテ秋葉原店8階にあるAKB48劇場(千代田区外神田4)で行った。

 「ドラムストラック」はアフリカの伝統的な打楽器「ジェンベ」の演奏を中心に展開するパフォーミングアート。南アフリカで生まれた後、世界中で話題を集め、8月12日よりホリプロ(目黒区)が招聘(しょうへい)公演として「天王洲銀河劇場」(品川区)で行うもの。ステージ上だけでなく会場の観客にも同楽器を配布しパフォーマンスに参加できるスタイルが特徴。

[広告]

 今回のプロモーションでは、アメリカから今回のステージのために来日したメンバーとAKB48、同ステージのサポーターの日本人パーカッショニスト石川直同さんが出席。メンバーのリチャード・カーターさんとマンドラ・コーサさん、ターボ・メデューブさんと石川さん、AKB48のチームA12人でジャンベを利用したパフォーマンスを行った。

 同ステージの日本人の反応についてカーターさんは「日本人の内に秘めた情熱をもってパフォーマンスに参加する姿勢は素晴らしい」とコメント。AKB48の大島麻衣さんは「自分たちの歌を来日する皆さんと一緒にやりたい」と話すと、カーターさんは「すてきなオファーをありがとう」と喜んだ。

 「ドラムストラック」の公演期間は8月12日~24日。

メンバーらと楽器を演奏するAKB48チームA(関連画像)AKB48、津川教授を迎え特別授業を開催-DSソフトの発売で(アキバ経済新聞)電撃ネットワーク南部虎弾さんを葉月あこさんが「キュンキュン」(アキバ経済新聞)ドラムストラック(英語)AKB48

  • はてなブックマークに追加