札幌の日本一有名な零細店「1983」、秋葉原で初出稼ぎイベント

  •  
  •  

 北海道札幌に店舗を構える「ゲームショップ1983」は6月1日、秋葉原「ADスクエア」(千代田区外神田3)で「ガレージセール1983 出稼ぎ秋葉原」を開催する。

 同イベントでは「ありがとうドリームキャスト」と題したトークショーのほか、フリーライター&ヒーローのゲイムマンさん、「ファミプロ」の恋パラ支部長さん、ライターなどの罰帝さんらとゲームで遊べる企画や物販などを予定している。このほかレトロゲームアイドルの杏野はるなさん、トライアングル・サービスの藤野社長、マイルストーンのはやしこうさん、INHの池田社長、さかもとさんらゲストも登場する。イベント当日の模様は動画でリアルタイム配信するほか、twitterを用いて札幌の出発からイベント終了までを同店今村さんが実況する。

[広告]

 イベント開催経緯について今村さんは「『変な店が札幌にあるぞ』とお客さんが全国からいらっしゃる。東京でも1983を応援してくださるバーチャル常連さんもいて、『こっちで会場とか準備するから、一度秋葉原でイベントやってみなよ』と後押しされたことがきっかけ。盗難騒動で落ち込んでいた時期だったので大変ありがたい話だった」と話す。「普通の秋葉原でのイベントとはちょっと違った札幌直輸入のまったり系のイベントを企画してみた。こんな変な店が札幌の端のほうにあるんだということを知っていただければ」(今村さん)とも。

 「ゲームショップ1983」は「自称 日本一有名な零細店」で、「日本一個性的なゲームショップをあえて札幌で営業すること」と「日本一ありえないゲームショップ」をコンセプトに運営。移転問題、閉店問題、大規模な窃盗被害など紆余曲折を経て現在に至る。同店の商品ラインアップは、通常の新作だけでなく、ドリームキャストソフトの新作を入荷するなど大型販売店にはない商品を扱っている。店内にはファミコンなどのレトロゲーム、セガマーク3からドリームキャストまでをそろえた「セガコーナー」や、「1983ゲーム図書館」と称し常連客などから寄贈されたゲーム関連書籍やMSX関連グッズを展示するなど、個性あふれるショップ展開を行っているのが特徴。

 イベント開催時間は11時~19時。入場無料。

アキバのレトロゲーム店が裏サイトを開設-「裏スーパーポテト」(アキバ経済新聞)有野課長、アキバで握手会-「ゲームセンターCX」DSソフト発売で(アキバ経済新聞)吉祥寺で70~80年代レトロゲームの「宣伝用チラシ」展(吉祥寺経済新聞)北堀江で海外レトロゲーム機のチラシ展-グラフィックアートとしても評価(なんば経済新聞)ゲームショップ1983

  • はてなブックマークに追加