プレスリリース

【ブランディング戦略と課題に関する調査】スタートアップ経営者が重視する指標は、「顧客満足度」が上位を占める

リリース発行企業:株式会社リンクアンドパートナーズ

情報提供:

ブランディングは企業にとって重要な経営戦略の一つですが、市場の変化に応じてその取り組み方には常に新しい課題が生まれています。特にスタートアップ経営者にとっては、ブランドの価値を高め、持続的に成長させるための戦略を見極めることが求められています。 しかし、どのようなブランディング戦略が現代において有効なのか、そもそもブランディングという言葉にどのようなイメージをもっているのかについては、明確な情報が不足しているのが実情です。経営者が感じるブランディングの取り組みにおける実際の課題や、効果があった施策についての理解を深めることが、今後の戦略策定には不可欠です。 そこで今回、調査PRサービス「RRP(https://service.link-ap.com)」を提供する株式会社リンクアンドパートナーズは、設立5年以内のスタートアップ企業の経営者510名を対象に、「ブランディング戦略と課題に関する調査」を実施しました。 ▼本調査レポート資料のダウンロードはこちら https://service.link-ap.com/whitepaper18


調査サマリー



Q1:「ブランディング」という言葉について一般的にどのようなイメージをもっていますか?(複数回答可)
Q2:ブランディングにおいて最も重要だと考える要素を教えてください
Q3:ブランディングにおいて効果があったと感じる取り組みについて教えてください(複数回答可)
Q4:ブランディングの効果を測定する際に最も重視する指標について教えてください
Q5:ブランディング戦略における取り組みをする上で、直面する課題について教えてください(複数回答可)
Q6:過去1年間で、ブランディング戦略を大きく変更したことはありますか
Q7:ブランディング戦略を変更した理由について教えてください(複数回答可)

以下に、調査結果の一部を紹介いたします。

「ブランディング」という言葉のイメージは、「コーポレートアイデンティティ」が34.9%で最多に。


「Q1:「ブランディング」という言葉について一般的にどのようなイメージをもっていますか?(複数回答可)」と質問したところ、上位から「コーポレートアイデンティティ」が34.9%、「ロゴやデザイン」が33.9%、「商品やサービスの品質」が31.8%という回答になりました。

・コーポレートアイデンティティ 34.9%
・ロゴやデザイン 33.9%
・商品やサービスの品質 31.8%
・信頼と信用 29.8%
・競合との差別化 20.4%
・市場への認知を広げる 19.8%
・顧客体験 19.6%
・広告キャンペーン 16.9%
・トレンドとイノベーション 13.1%
・その他 1.2%

ブランディングの効果測定で重視する指標、第1位は「顧客満足度」が26.5%に。


「Q4:ブランディングの効果を測定する際に最も重視する指標について教えてください」では、上位から「顧客満足度」が26.5%、「ブランド認知度」が22.6%%、「ウェブサイトのトラフィック」が18.4%という回答になりました。

・顧客満足度26.5%
・ブランド認知度 22.6%
・ウェブサイトのトラフィック 18.4%
・売上げの増加 13.3%
・ソーシャルメディアでのエンゲージメント 12.9%
・リピート率 4.5%
・その他  1.8%

ブランディング戦略を変更した理由は、「市場の変化への対応」「内部目標の変更」「競合他社の動き」が上位に上がる。


「Q6:過去1年間で、ブランディング戦略を大きく変更したことはありますか」と質問したところ、「はい」が60.4%、「いいえ」が39.6%という結果になり、改めて「Q7:ブランディング戦略を変更した理由について教えてください(複数回答可)」と質問したところ、上位から「市場の変化への対応」が45.5%、「内部目標の変更」が32.1%、「競合他社の動き」が30.8%という回答になりました。

・市場の変化への対応 45.5%
・内部目標の変更 32.1%
・競合他社の動き 30.8%
・リブランディング(イメージの一新)のため25.7%
・法規制の変更への適応14.6%
・新技術の活用のため7.5%
・その他 1.3%

まとめ


今回は設立5年以内のスタートアップ企業の経営者510名を対象に、「ブランディング戦略と課題に関する調査」を実施しました。

上記の調査結果から、ブランディングに対する一般的な認識と実際の戦略変更の背景についてわかりました。まず、「ブランディング」という言葉は、多くの人々にとって「コーポレートアイデンティティ」「ロゴやデザイン」、「商品やサービスの品質」と強く関連していると捉えられています。

次に、ブランディングの効果測定に関しては、「顧客満足度」、「ブランド認知度」、「ウェブサイトのトラフィック」が重要な指標だと判明しました。

最後に、多くの企業が過去1年間でブランディング戦略を変更しており、その主な理由として「市場の変化への対応」「内部目標の変更」「競合他社の動き」が上位を占めました。

資料では、ブランディングにおいて効果があったと感じる取り組みやそれを行う上で直面する課題をまとめておりますので、ぜひご覧ください。

調査結果の全容が知りたい方は、下記リンクより資料をダウンロードいただけますと幸いです。
https://service.link-ap.com/whitepaper18

リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「RRP」


「RRP」とは、Research Release PRの略語で、ファクトデータを基にプレスリリースを打つ施策です。1,022万人もの多種多様なモニターによるリアルなアンケート結果に裏付けられたリリースが、あらゆる業界のお客様における商品・サービスの認知度向上と企業ブランディングに貢献します。

さらに、調査結果をホワイトペーパー、メルマガコンテンツなどにも活用可能で、お客様のマーケティングも幅広くサポートいたします。

また、実績と経験が豊富な広報・PR活動のプロが、企画立案からメディア配信に至るまでをワンストップで行うため、低コストにもかかわらず、高いクオリティーでプレスリリースを提供できます。これにより、新商品の発売や新サービスのリリースといった切り口に依存せず、定期的な高品質のプレスリリース配信が可能となり、中長期的な広報戦略としてもご活用いただけます。

HP:https://service.link-ap.com/

◆マーケティングご担当者様・経営者様必見の無料ホワイトペーパー
~リサーチコンテンツの活用に関する調査|
https://service.link-ap.com/whitepaper16
~「IT企業が陥りやすい顧客継続の課題と要因」に関する調査|
https://service.link-ap.com/whitepaper15

◆マーケティングご担当者様・経営者様向けコンテンツ
・経営に欠かせない企業ブランディングとは? 取り組むべきメリットや方法を徹底解説!
https://service.link-ap.com/blog/c42
・経営者必見!広報活動が強い企業のメリットとは?
https://service.link-ap.com/blog/c41

調査概要


調査概要:ブランディング戦略と課題に関する調査 調査期間:2023年11月13日(月)~14日(火)
調査方法:リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「RRP」によるインターネット調査
調査対象:設立5年以内のスタートアップ企業の経営者
調査人数:510人
モニター提供元:ゼネラルリサーチ


≪利用条件≫
1 情報の出典元として「RRP」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。

URL:https://service.link-ap.com/

会社概要


社名:株式会社リンクアンドパートナーズ
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目12-9エスティ青山ビル2F
代表取締役:中村 泰介
設立:2011年3月
事業内容:ブランドコンサルティング
コンテンツマーケティング
ネット集客支援
メディアPR代行
HP:https://www.link-ap.com/
TEL:03-5468-9902(代)
FAX:03-5468-9913

  • はてなブックマークに追加
デジハリ大
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース