天気予報

18

5

みん経トピックス

スワロデコのミッキーコンセプトモデルを商品化

老舗革メーカー直営店閉店-消費者ニーズと市場の変化を受け

老舗革メーカー直営店閉店-消費者ニーズと市場の変化を受け

画像=閉店した直営店外観

写真を拡大 地図を拡大

 鴻池製作所(千代田区神田佐久間町1)が運営する同社直営の秋葉原店(神田佐久間町1)が7月25日閉店した。

 鴻池製作所は1949年設立。バッグ、小物、インテリア用品などオリジナルの革製品を開発している。1954年に現在のビルに本社を移し、同ビル1階で直営店を運営していた。このほか、直販サイトの展開や、イタリア・デルガ社との輸入・販売契約も行っている。

 同店閉店について同社担当者は「消費者は安価な商品を好むようになり、販売店は百貨店や駅ビルなどの大型複合施設が台頭している現在、秋葉原直営店に来るよりも商業施設で購入されるお客様が増えた。そのため、消費者のニーズと市場の変化に対応しなければならず、直営店の閉店を決めた」と話している。また 「1つ1つ丁寧に職人の手で作っていたが、職人の高齢化により、大量生産が厳しくなっている。一方、ユーザーは『鴻池の製品』というよりも、鴻池の各ブランドで買われる方が増え、旗艦店としての役割が薄れてきてしまったのも今回の閉店の要因の1つ。再開は今のところ予定していない」とも。

 秋葉原昭和通り方面の再開発についても触れ「昨今、昭和通りには多くの風俗店がたち並び、昔と雰囲気が変わった上に、治安も悪くなった。そのため昔からのお客様は来にくくなっているのが現状。駅前に大型商業施設が進出し、表面的には再開発は完了したが本来の『秋葉原らしさ』『町会の繋がり』がどんどん失われてしまっている」とため息交じりに話していた。

アキバの老舗スピーカー部品店「コイズミ無線」が新店舗(アキバ経済新聞)メード複合店「くろすろ~ど」閉店へ-需要とサービスにズレ(アキバ経済新聞)老舗ケーブル専門店「エムワンチヨトク」が移転オープン(アキバ経済新聞)鴻池製作所

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

秋葉原に3月23日、ハンバーグダイニング「issa」がオープンした。店内には、前身の豆乳カフェ営業時に活躍していたゆるキャラ「ちょうせい豆乳くん」の姿も
[拡大写真]

アクセスランキング