3密を避けて新しい生活様式へ!

車・バイクのコンセプトモデルを商品化-1弾はストラトスフィア

画像=同商品イメージ

画像=同商品イメージ

  • 0

  •  

 オーガニック(千代田区)は今秋、スズキ(静岡県浜松市)が発表したのコンセプトモデル「ストラトスフィア」のダイキャストモデルを、秋葉原ほか全国で発売する。

 同社は「現実には手にすることができない夢の乗り物」をテーマにした完成品ダイキャストモデルの新ブランド「ドリームマシーンプロジェクト(Dream Machine Project)」を立ち上げ、精密に作られたミニチュアモデルを順次発売する。新ブランドのラインアップは、ショーモデルのコンセプトバイク、ショーモデルのコンセプトカー、映画やドラマに登場する特徴的な乗り物の3シリーズで今後はシリーズの幅を広げていく予定。

[広告]

 「ストラトスフィア」は同シリーズの第1弾として発売するもので、2005年の東京モーターショーでスズキが発表したコンセプトモデルを立体化したもの。当時の技術の集大成ともいえる同モデルは、4気筒並の全幅で6気筒エンジンを搭載可能にしたことや、スズキの体表的な車種である「KATANA」を未来的にしたようなデザインで話題となった。オーガニックはスズキの協力を受け、ショーモデルの取材により実写に限りなく近いディティールを再現する。

 仕様は1/18スケール、全長約110ミリで原型制作は鈴木賢さん。素材はダイキャストABS(塗装済完成品)。ウィンドウボックス形態で販売される。

 販売価格は6,500円を予定。

海洋堂リボルテックにクラウザーさん降臨-伝説のギターも(アキバ経済新聞)ドラゴンズマスコット「ドアラ」が可動式フィギュアに-メガハウス(アキバ経済新聞)「インディ・ジョーンズ」公開先駆けアキバで展示-ルーカス色紙も(アキバ経済新聞)オーガニック

  • はてなブックマークに追加