天気予報

33

24

みん経トピックス

富士ソフト、ロボットを開発秋葉原で森の担い手募る

秋葉原に「美少女着ぐるみカフェ」-2.5次元少女が身振り手振りで意思疎通

秋葉原に「美少女着ぐるみカフェ」-2.5次元少女が身振り手振りで意思疎通

画像=あみさんとシフォンさん。手には、「おまちしています」と書かれたメッセージボード

写真を拡大 地図を拡大

 秋葉原のレンタルカフェ&バー「DiCE!(ダイス)」(千代田区外神田3)で「ワンダーフェスティバル2010(冬)」前日となる2月6日、1日限定で美少女着ぐるみカフェ「喫茶 青風亭」が展開される。

着ぐるみウェートレス、大集合

 有志で運営する同店は、「着ぐるみ」が接客・給仕するカフェ。着ぐるみには「中の人」がいないため、話すことができないが、身振り手振りや同店で用意したメッセージボードで来店客とコミュニケーションを図ろうとするのが特徴。当日は2時間サイクルで、同店専属着ぐるみのあみさんを含む10人の着ぐるみが登場。フロアに常駐する「ボーイ」が、メニューやサービスについての質問や給仕をサポートする。

 メニューは、ドリンク(コーヒー、紅茶、オレンジジュース=各500円)、デザート(ティラミス、スフレチーズケーキ、東雲プリン=各700円)、オムライス(1,000円、着ぐるみによるケチャップペインティング付き)を提供。このほか、ブロマイドが入ったガチャガチャ(1回200円)と2ショットチェキ(1枚500円)などのアミューズメニューも用意する。

 「喫茶 春風亭」の開催は今回で2回目。前回の反応について、同店担当者は「予約で8割~9割埋まり、当日は満員御礼だった。皆さん、来店してすぐは着ぐるみたちに驚いているが、時間が経つにつれ楽しんでもらえた」と話す。着ぐるみの魅力については、「普通の女の子とは違う、2次元と3次元の中間的存在である点が魅力なのかも」とも。

 営業時間は10時~16時。現在、同店公式サイトで予約を受け付けている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

秋葉原に6月1日、貸し会議室「アイデアの城」がオープンする。画像は地下水路をイメージしたエントランス
[拡大写真]

アクセスランキング