萌えキャララベルのアキバ系飲料発売-「すくみず」「めいびぃ」

画像=すくみず

画像=すくみず

  •  
  •  

 土産商品などを手がける大藤(荒川区)は7月より、コトブキヤラジオ会館(千代田区外神田1、TEL 03-5298-6300)やアソビットキャラシティ(外神田1)などで、アキバ系飲料「すくみず」と「めいびぃ」の販売を開始した。

めいびぃ

 「すくみず」と「めいびぃ」は同社の手がける土産商品。両方のパッケージに登場しているキャラクター2人は「まり」「りん」という名前で、某学校の1年C組に通う生徒という設定。「すくみず」は「プール開きにはしゃぐ2人」をイメージし、パインサイダー味に仕上げた。一方の「めいびぃ」は学園祭でツンデレメード喫茶を開くために2人が考案したという設定のノンアルコールビール。味は青リンゴで、本物のビールのような泡立ちが体験できるという。内容量は両方250ミリリットルで、価格はどちらも210円。

[広告]

 同社広報担当者は「『すくみず』の味を決めるにあたって、社員がプールの後にどの味が一番飲みやすいものかをスイカ味・パイン味・イチゴ味の中から検証した」という。今後の展開として「秋の運動会シーズンに向けて『スポーツの秋編』も企画中」(同氏)とも。

お盆前秋葉原お土産特集-メードクッキーからパン缶まで(アキバ経済新聞)めいびぃ(関連画像)アキバ土産の大藤が語る-企画系土産商品の裏話(アキバ経済新聞)メード店が「萌カレー」発売-アキバ土産の新定番目指す(アキバ経済新聞)大藤

  • はてなブックマークに追加