天気予報

26

18

みん経トピックス

でんきの礎に電気街せんとくん兄が痛フェラ

来店客を足で踏む「あきば踏みっ娘学園」-先生!おはようございます

  • 0
来店客を足で踏む「あきば踏みっ娘学園」-先生!おはようございます

画像=「あきば踏みっ娘学園」スタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 秋葉原に10月12日、来店客を足で踏むリフレ「あきば踏みっ娘学園」(千代田区外神田1、TEL 03-3256-9223)がオープンした。

【関連画像】施術中のようす-ふみふみ

 同店は学園をイメージした足踏みリフレ店。施術する女性スタッフ「踏みっ娘」は学生、来店客は「先生」という設定を設け、オリジナルの制服を着用した踏みっ娘が施術するのが特徴。また、「足踏みリフレ+コミュニケーション=踏みにケーション」と呼ぶ来店客とのコミュニケーションにも注力。来店客が、うつぶせ体勢となる施術中も、顔を見ながら会話ができるよう、来店客の顔の位置に「踏みにケーションミラー」を設置しているほか、リフレ前に行う問診を「予習」、施術後の感想を「復習」と呼び、コミュニケーションがとれる工夫を施す。来店客入店時のあいさつは「先生!おはようございます!」。

 内装の特徴は来店してすぐに「学園」だと認識してもらえるよう、丸時計や上履きなどで装飾。このほか、施術部屋(=「教室」)を入り口から1組、2組、3組の計3ブース設ける。価格設定は新任先生コース(30分)=3,200円ほか。オプションとしてスタッフが既存ではいている黒色ニーソックスから白色ニーソックスやルーズソックスに着用変更するシステムなども用意する。客単価は2,200円~3,000円程度を設定する。

 同店広報担当者は「足踏みリフレ×学園」という設定を採用した経緯について「秋葉原にはさまざまなリフレがあるが、似たようなショップが多かったので、新しいジャンルの足踏みリフレに注目した」と話している。「体だけでなく、心の疲れも癒やことができれば」(同)とも。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京ラジオデパート2階「ビーコンショーケース」に3月、カプセルトイが設置された。画像は、まちなかビーコン普及協議会の公式ツイッターで募集し、応募のあったクリエーターの作品を詰めたカプセルトイ 「Creators'」
[拡大写真]

アクセスランキング