フリマガ「あきば通」、紙からウェブに-情報をリアルタイム配信

画像=「あきば通inニコニコ動画」イメージ

画像=「あきば通inニコニコ動画」イメージ

  •  

 秋葉原で展開しているフリーマガジン「あきば通」が紙媒体からウェブ媒体への移行を開始した。

小林たかや編集長 残像付き(関連画像)

 「あきば通」は2002年に創刊し、季刊フリーペーパーとして秋葉原のショップなどで配布。紙面では、マップや小林たかや編集長(千代田区議会議員)のコラム、イベント情報などを掲載していた。

[広告]

 同誌は今回、ニコニコ動画にチャンネル「あきば通inニコニコ動画」を開設。「アキバ有名人インタビュー」や、小林さんのトーク、アキバを訪れる人、アキバを舞台に活躍する人へのインタビュー映像などを流す。併せて、ライブドアで編集長ブログをスタート。ブログではライトなコラムを掲載。これらの動画とブログの展開で、紙媒体からウェブ媒体への移行を図るという。

 紙からウェブへの移行について、小林さんは「年4回発行の紙媒体だと、新しい情報が掲載しづらい。一方、ウェブは発行回数の制限がなく、手軽に適時に情報発信ができるのが魅力。なるべく新しい情報をリアルタイムで読者に届けたかったため、今回の移行を決めた」と話す。

 今後、「あきば通inニコニコ動画」は月2回のペースで更新していくという。