「みんなのシアター Wii」コンテンツが明らかに-開始時で3000本

画像=「みんなのシアター Wii」サイトイメージ

画像=「みんなのシアター Wii」サイトイメージ

  •  
  •  

 秋葉原に拠点を置く富士ソフト(本社=横浜市中区)は1月27日に発売予定の「Wiiウェア」ソフト「みんなのシアター Wii」向けに配信するコンテンツの内容を明らかにした。

 「みんなのシアター Wii」は映画やアニメなどの映像コンテンツを、インターネットを介してVOD(ビデオ・オン・デマンド)配信するソフト。家庭用通信回線でも快適に楽しめるよう同社が開発した動画再生プレーヤー「ULEXIT(ウレキサイト)」を搭載。Wiiを接続したテレビの大画面で、DVD画質レベルの映像の再生が可能なのが特徴。視聴するにはWiiポイントで「利用チケット」を購入。利用チケットは3種類あり、視聴時間と本数によって選ぶことができる。

[広告]

 映像コンテンツは、「家族みんな」をコンセプトに未就学児や小学生、その親の世代も楽しめるコンテンツをラインアップする。配信開始と同時に、世界名作劇場シリーズ全23作品(日本アニメーション)や手塚治虫アニメワールド(手塚プロダクション)、竜の子プロダクション作品などアニメを中心にドラマやバラエティーなど合せて3,000本を配信する。

 今後は、邦画・洋画などの映画コンテンツの拡充も図り、1年間で500タイトル程度を追加する予定。