天気予報

20

14

みん経トピックス

僕のアキバがリニューアル鉄道も萌えた-書籍

フィギュア・ゲームソフト搭載の「アキバMIKOSHI」、メードらが担ぎ巡行

フィギュア・ゲームソフト搭載の「アキバMIKOSHI」、メードらが担ぎ巡行

画像=巡行中の「アキバMIKOSHI」

写真を拡大 地図を拡大

 秋葉原案内所を展開する「秋葉でガイド」が主体となって発足した「アキバを担ごう会」は4月26日、秋葉原の文化にちなんだ「アキバMIKOSHI」巡行を秋葉原UDX(千代田区外神田4)と神田明神(外神田2)で行った。

「アキバMIKOSHI」のパース

 同みこしは5月に開催予定の「神田祭」に先駆けて秋葉原で披露したもので、秋葉原の企業やショップ、NPO法人、電気街振興会などの支援を受けて実現。みこし神霊入れが行われていないことや、地元に配慮して「アキバMIKOSHI」と名付けた。

 同みこしは、「秋葉原にある、すべての楽しさを満載した『みこし』を制作して担ごう」をテーマに、前面にモニターを備え、フィギュアやゲームソフト、二足歩行ロボット、電子パーツ、真空管、ソーラーパネルなどで装飾を施した。

 当日はメードや一般人、神田祭でみこしを担ぐ担ぎ手などが参加。神田明境内などを巡行した。

 「アキバMIKOSHI」について、「秋葉でガイド」のメードガイド・マスダさんは「参加していただいた皆様のご協力があって、成功を収めることができた」と感慨深げに話していた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

秋葉原に3月23日、ハンバーグダイニング「issa」がオープンした。店内には、前身の豆乳カフェ営業時に活躍していたゆるキャラ「ちょうせい豆乳くん」の姿も
[拡大写真]

アクセスランキング