キリンビバレッジ、「ぱんだっ茶」のパッケージ案公募

画像は「ぱんだっ茶」第1弾

画像は「ぱんだっ茶」第1弾

  •  
  •  

 キリンビバレッジ(千代田区神田和泉町)は9月5日からウェブショップ限定販売の清涼飲料水「ぱんだっ茶」のパッケージデザインを募集開始した。

 「ぱんだっ茶」は同社が運営するショッピングサイト「Markers」のみの取り扱いで6月に第1弾が発売された。中身は「生茶 玉露100%」で、パッケージにマスコットキャラクターの生茶パンダを初めて起用したのが特徴。プリントされた生茶パンダはユーザー投票総数約44,200票の中から最も人気があったものを採用している。また、プルトップには指や爪を痛めにくいものを起用しユニバーサルデザインを意識しているという。

[広告]

 募集を開始したのは12月に発売が予定されている第2弾で、第1弾と異なり「やすらぎ」をテーマにパッケージ案から公募するもの。同社で応募作品の中から入賞作品を選定、ウェブで公表し投票を受け付ける。公募について同社広報担当者は、「第1弾販売時、ユーザー参加型企画が功を奏し1,200ケースが1週間で完売したので、今回は投票だけでなく企画からの実施に至った」と話している。募集は10月2日まで。

キリンビバレッジMarkers

  • はてなブックマークに追加