美しい男性執事がマナーを伝授-お嬢さまをいつくしむように読者にアドバイス

画像=「執事が教える 礼儀と作法」表紙

画像=「執事が教える 礼儀と作法」表紙

  •  
  •  

 PHP研究所(京都市南区)は7月24日、秋葉原の「書泉ブックタワー」(千代田区神田佐久間町1)をはじめとする書店や全国のコンビニ店で単行本「執事が教える 礼儀と作法 お召し物からお振る舞いまで」「執事が教える 美しさと気品 お身体からお心まで」の販売を開始した。

食前酒のマナーを教えるクロードとエドワード

 同書は「執事本企画」第1弾として発売したもの。専属のプライベートバトラー(執事)サービスなどを提供する日本バトラー&コンシェルジュ(江東区)監修の下、「クロード」「ウィル」「アラン」「エドワード」という美しい男性執事たちが「お嬢さま(=読者)」をいつくしむように「ワンランク上の女性のたしなみ」を教えてくれるのが特徴。

[広告]

 「礼儀と作法」編では、「お嬢さまが人生経験のために2年間、普通の社会人の生活を体験する」という設定で、食事に関すること、TPOに応じた服装の選び方やいつも心地良く過ごすための部屋のインテリアを、「美しさと気品」編では「天涯孤独だった娘が大富豪の屋敷に招かれてセレブとして自分を磨いていく」という設定で、食事からビジネスマナー、美容法を執事がアドバイスし、「乙女たちをお嬢さまへ」と変身させる。

 今回、執事に着目した点について、同書広報担当者は「女性向けのハウツー本はいろいろあるが、『デキる女性』『イケイケな感じの人』が上から目線で書いているものが多いように思っていた」と前置きし、「新たな切り口での女性向けの書籍を考えていたところ、セレブに仕えている『執事』が『お嬢さま』にアドバイスする構成であれば、マナーやたしなみなどの実用的な知識を楽しく読んでいただけるのではないかと思い執事にフィーチャーした」と話す。

 「監修いただいた日本バトラー&コンシェルジュさんのところには若い男性から『執事になるためにはどうしたらよいか?』という問い合わせもあるという。『執事ブーム』で執事になりたい男性もいるので、そうした方にも本書を読んで『執事力』をアップしてもらえれば」とも。

 価格は735円。

  • はてなブックマークに追加