秋葉原シャッツキステで「ゾンビ」が給仕-指・目玉などのゾンビメニュー提供

画像=提供メニューの「指」

画像=提供メニューの「指」

  •  

 「秋葉原カルチャーカフェ シャッツキステ」(千代田区外神田6)は11月28日・29日、同店でイベント「Maid of the Living Dead」を開催する。

 「Maid of the Living Dead」は、ゾンビ好きのメードによる、ゾンビをキャラクターとして愛してもらうためのイベント。当日は、通常のメードスタッフのほか2人の「ゾンビ」が店で給仕するほか、「ゾンビのためのメニュー」を用意。

[広告]

 濃厚なトロトロの「血のスープ」に、もぎたての「指」を添えた「指」(600円)や、焼いた「橈骨(とうこつ)とその周辺の肉」をパイで包んだ「橈骨と周辺部位」(600円)、「目玉」(400円)、持ち帰り用に「肝臓」(300円)などホラーなメニュー4種類をラインアップする。土産コーナーでは「ゾンビポラロイド」の販売も。

 イベントについて、同店のエリスさんは「ホラー好きな方も、怖いけれどちょっと興味がある方も、この機会に間近でゾンビをめでてもらえれば」と話す。

 営業時間は12時~22時。