ジーンズメイトが新業態店「アキバあそび館」-メードによる接客も

画像=ジーンズメイトアキバあそび館 外観

画像=ジーンズメイトアキバあそび館 外観

  • 0

  •  

 ジーンズメイト(渋谷区)は12月11日、秋葉原に「ジーンズメイト『アキバあそび館』」(千代田区外神田1)を出店する。場所はアソビットキャラシティ跡。

同店同店5階アパレルフロアのようす

[広告]

 同店は、地域密着型店舗としてジーンズを中心としたカジュアルウエア全般と帽子やバッグなどの服飾雑貨など従来の同社店舗の品ぞろえのほか、「アキバならでは」のグッズや雑貨類を取りそろえる24時間営業の新業態店舗。

 売り場面積は230坪で、6フロア展開。1階=リラックマをはじめとするキャラクター系雑貨・バラエティー、2階=ガンプラほかグッズ系雑貨・バラエティー、3階=ドラゴンボールTシャツほかアパレルを中心としたアキバ土産、4階=メンズカジュアルアパレル(トップス)、5階=メンズカジュアルアパレル(ボトムス)、6階=あそび空間「MATE」(イベントスペース、休憩所)でフロアを構成。4階・5階ではメードによる接客も行う。メードは2~3人が常駐(14時~20時)。接客のほか、同店オフィシャルサイト内コンテンツのブログ更新なども手掛ける。

 取扱アイテム数は、衣料品類=約420アイテム(500円~3万円)、服飾雑貨=約350アイテム(340円~4,900円)、ホビー類=約2,600アイテム(60円~2万2,500円)。

 深夜になると人通りが少なくなる秋葉原。同地での24時間営業店舗の出店について、同社西脇副社長は「24時間営業のノウハウがあるので、トライアルとして24時間営業を選択した。近くに深夜まで営業しているドン・キホーテ秋葉原店もあるので、同店の売り上げを少しでもこちらに引っ張れれば…」と話すほか、「トライしてみて(駄目だった場合は)業態変更も考慮する。フレキシブルに対応していく」とも。

 オープンを記念して13日まで、秋葉原のメードカフェ15店舗(5店舗×3日)からメードが駆け付けて販売応援を行うほか、広告・アキバMAPの引換券持参客へ500ポイント付きポイントカードを進呈するなどのキャンペーンを行う。

 11日のオープンは15時。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース