「CEREVO CAM live!」発売-デジカメ単体でUSTREAM配信に対応

画像=CEREVO CAM live! マットホワイト

画像=CEREVO CAM live! マットホワイト

  •  
  •  

 Cerevo(千代田区外神田2)は5月18日、「CEREVO CAM live!」を発売した。

モバイルルータ「クティオ」を秋葉原で使ってみた

 「CREVO CAM live!」はカメラ単体でUSTREAM配信に対応した世界初(同社)のデジタルカメラ。無線LANを内蔵しているため、PCやスマートフォンがなくても、さまざまな場所からライブ放送を発信することができる。配信時の複雑な設定は不要。メニューから「USTREAM」を選んで配信開始ボタンを押すことで配信できる。

[広告]

 配信操作はリモートコントロールにも対応。離れた場所から手持ちの携帯電話を使って配信のON・OFFを切り換えることができる。「自宅のCEREVO CAM live!を外出先からコントロールする」や、「部屋の隅に置いたCEREVO CAM live!を席から動かずにコントロールする」などの動作も可能。また、シャッターボタンをシーンごとに押すことで、複数のシーンを繋いだ1本の動画を作成することもできるという。

 サイズはネットでの使い勝手が良いWVGA(800×480)の動画撮影に対応。CEREVO CAMの売りだという「オートアップロード」機能で、動画も静止画もまとめて転送。そのままYoutubeやFlickerへの投稿も可能。転送に時間を要す大容量動画は、ACアダプター接続時にのみアップロードされる自動的仕分機能を搭載する。

 ボディーカラーはマットブラックとマットホワイト。取り扱いはCerevo直販サイト、アマゾン、楽天市場。価格は1万9,999円。

  • はてなブックマークに追加