秋葉原から被災地へ-義援金の輪、広がる

画像=CANPANロゴマークのシールが掲示されたシャッツキステの募金箱

画像=CANPANロゴマークのシールが掲示されたシャッツキステの募金箱

  •  
  •  

 NPO法人「秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ(以下リコリタ)」は3月13日から、東北地方太平洋沖地震義援金の募集を始めた。

秋葉原でも時短営業・節電営業

 同取り組みは、災害支援・復興支援を行う日本財団CANPAN(カンパン)プロジェクトと連携し、リコリタが毎夏開催している「うち水っ娘大集合!」協力店や同取り組み賛同店などに募金箱を設置し、そこで集まった義援金を、日本財団CANPANを通じて復旧・復興に向けた資金として使うというもの。「現時点でオフィシャル募金箱が無いため、日本財団CANPANロゴマークのシールを店に掲示し、そこで募金を預かってもらう方式を採用している」(リコリタ)という。

[広告]

 16日現在、募金箱設置店舗は以下。アイ・カフェAKIBAPLACE店、あにぷる、キャンディフルーツストロベリィ、シャッツキステ、JAMアキハバラ、スープカレーカムイ、声優のたまご、月夜のサアカス、ディアステージ、バイテン(トビムシ)、Bar Garten、HoneyHoney、モエシャン。

 このほか、WG撮影会、マーベルエール、リメインプロダクションは撮影会やライブ出演、物販の売り上げの一部を、同取り組みを通じて募金するという。

 リコリタでは引き続き、賛同店舗・団体を募っている。

  • はてなブックマークに追加