学ぶ・知る

凸版印刷、被災地回る移動図書館展開へ-社員らが企画・運営

画像=ブックワゴン サイトトップ

画像=ブックワゴン サイトトップ

  •  
  •  

 凸版印刷(千代田区神田和泉町1)をはじめとするトッパングループは7月11日から、移動図書館「ブックワゴン」を開始する。

近ツーからボランティア講習付き被災地応援ツアー

 「ブックワゴン」は、宮城県を中心とした東日本大震災被災地の仮設住宅地域を巡回する移動図書館。「本に触れてもらうことで『心のケア』の一助になれば」など同社社員が企画した取り組みで、参加者を社内で公募。社員が図書の貸し出し業務などブックワゴンのスタッフとして活動する。

[広告]

 貸し出し図書は、文学、科学、技術、ビジネス関連の専門書のほか、現地でニーズがある実用書や芸術、エンターテインメント、児童書、絵本など幅広いジャンルの図書を揃える。車両は2台で、1台あたり約2000冊を積載する予定。

 さらに継続的な支援活動として、利用者の意見を取り入れながらブックワゴンと一緒に提供が可能な参加型ワークショップなどのサービスやイベントも運営していくという。

 展開期間は来年3月末までを予定。

  • はてなブックマークに追加